ホーム ブログ

E-learningシステムの事例 月50万円のムダな費用を削減し月商300万円以稼ぐお宝システムへ改修

月50万円のムダな費用を削減し月商300万円以稼ぐお宝システムへ改修

毎月300万円以上を売り上げるお宝サービスに変貌させたE-learningプロダクトのシステム開発の事例をご紹介させていただきます。

技術調査費という名目でアウトプットがないまま月50万円を6ヶ月以上支払っていたE-learningプロダクトのシステム開発を引き取り、即月から機能開発を開始し2週間後には新規機能リリースを開始。以降、毎週新規機能をリリースできる体制を整え、毎月300万円以上を売り上げるお宝サービスに変貌させることができました。

Befor

調査期間6カ月以上
調査費用300万円

After

開発期間3ヶ月間
開発費用1,000万円

 

お客様のコメント

E-learningサービス企業(東京都)
担当部長様

元々、お願いしていた会社さんの対応に不安があり、自社内開発へと切り替えようと、まずは外部からエンジニアを採用しました。ところが1ヶ月経っても2ヶ月経っても調査している、の言葉以上の報告が無いままでした。その間に毎月50万近い金額をお支払いしていました。

期待した成果が見えず困っていたところこちらのサービスを見つけ、藁にもすがる思いで相談したところ、オンラインミーティングをしながらシステムの構造を把握され、何がどうなっているのかIT畑ではない私にわかりやすく噛み砕いて説明してくださいました。

その後、外部から採用したエンジニアから依頼先を切り替え、ビジネスを共に伸ばすパートナーとしてお力添えを頂いております。

システム開発のポイント

システム開発はリリースがGOALではなく「リリースがSTART」です!

システム開発は企画から開発、リリースまでに多額の費用と期間が掛かる場合、どうしてもGOALだけを見て進めてしまい、リリース後の運営まで考慮しない事例が多く失敗するWebサービスが散見されます。

しかしリリースはSTARTラインに立っただけにすぎません。Webサービスを成功させるにはリリース後に売上を伸ばすための機能やユーザの要望や使い勝手が良くなる機能を短期間でどんどんリリースすることがWebビジネスでは最重要課題です。成功するWebサービスは、1次、2次、3次リリースとフェーズを切って開発・リリースし、ユーザの様子や意見を聞きながら高速でサービスを改善しているのです。

人材マッチング系システムの事例 他社は見積1,000万円 当社見積350万円×3ヶ月の短期リリースに成功

他社は見積の1/4以下の開発費用×3ヶ月の短期リリースに成功

複数の開発会社と比較頂き、当社のビジネス要件に絞った必要な機能で短期リリースに成功した人材マッチング系システムの開発事例をご紹介させていただきます。

人材マッチングサービスを開発するにあたり、複数のシステム開発会社の見積りを依頼した結果、提示額はどれも1,000万以上と予算とかけ離れた高額な見積。しかもビジネスを伸ばすことよりもお金をむしりとるような提案ばかりで辟易されていました。そんな中、当社ではビジネスに必要な機能に絞る”作らない提案”をすることにより、わずか350万円の予算且つ3ヶ月でのリリースに成功しました。

他社提案

開発期間:6ヶ月以上
開発見積:1,000万円

当社提案

開発期間:3ヶ月間
開発見積:350万円

お客様のコメント

中堅人材企業(東京都)
担当役員様

元々、他社で見積もりをしたところ、どこの会社も見積もりが数千万以上、そして格安で提示するところは、株式譲渡などを含んだ提案ばかりでお金しか見ておらず、ビジネスを見てくれていない感が強く中々開発へと踏ん切りが付きませんでした。

そこでこのサービスを利用し、相談したところ、ビジネスモデルの問題を指摘してくださるばかりではなく、過去の事例も踏まえて適切な開発予算の提示(他社とは比べ物にならなくらい安かったです)をしてくださり、なおかつ非常に納得の行くものでした。

開発途中もこちらのビジネスの変化に合わせて柔軟に対応してくださいました。SystemDoctorさんがなければ当社の新規サービス事業は生まれていなかったといっても過言ではありません。ありがとうございました。

システム開発のポイント

Webビジネスはプランよりもリリースまでのスピードが重要です。

高機能なシステムを高いコストを掛けリリースするよりもまずは「短期間×低コスト」で開発し、リリース後にユーザの要望を新機能に組み込みいち早くサービスを改善していく方が、Webサービスを成功する確率がグッと高まります。開発予算はリリースまでよりもリリース後に厚く組むことが重要です。

有料会員サイト系システムの事例 会員制サイトをわずか4ヶ月でリリース 会員の利用率が改善し収益が安定化

会員制サイトをわずか4ヶ月でリリース 会員の利用率が改善し収益が安定化

ゼロから会員制サイトを開発し4ヶ月でリリース。その後、200名以上が活発に利用する会員サイトが出来上がり収益が安定して入るようになった事例をご紹介します。

ご相談時にはWordPressやFacebookページなどの既存ツールを組み合わせて四苦八苦しながら会員サイトを運営されていました。しかし有りものの機能のためユーザの使い勝手が悪く、退会率が高止まりし売上が伸びず不安定な状況でした。一から会員制サイトを開発する必要性を感じていましたが、システム発注経験が無かったため、「いくら掛かるのか?どこに依頼したら良いのか?」が分からず途方に暮れていたそうです。

幸いにも当社にご相談を頂き、会員サイト内での利便性をチェックした上で、理想の回遊性や思わず継続したくなる機能などを提案・設計させて頂き、無事4ヶ月でリリースさせて頂きました。

Before

開発期間:不明
開発費用:不明

After

開発期間:4ヶ月間
開発費用:350万円

 

お客様のコメント

スタートアップベンチャー企業(東京都)
代表取締役様

WordPressとFacebookファンページを連携させた、かなり独特な有料会員サロンを運営をしていました。
複数のツールをまたがる構成になっていたが故に「わかりづらい」とユーザーからの声も度々上がっており、解約率も日々高まっているような状態でした。
しかし、このような状態をどのように解決すればいいのか、依頼の仕方からわからず、悶々としている中でこのサービスを知りました。

問い合わせて見たところ、こちらの悩みを伝えるだけで、「こんなシステムだと喜ぶと思いますよ」と具体的なシステムの仕様まで考慮したグランド・デザインを提示くださいました。
実際に開発を発注したところ、当初の仕様通りに開発が進み、無事にリリースに至りました。
以前の仕組みとは比べ物にならないくらい使いやすくユーザーさんのアクティブ率も数倍高まり本当に助かりました。

システム開発のポイント

高度な技術よりも思わずユーザーが使いたくなるような機能の重要

Webビジネスはシステム開発会社がどこまでお客様のビジネスの懐に潜り込めるかがシステム開発の成否を決めます。

高度な技術の機能を実装するよりも、「思わずユーザーが使いたくなるような機能」を実装することが重要です。基本的なことですがユーザファーストで本当に必要な求められる機能やサービスに組み込んで行くことがユーザーに愛されるプロダクトとなり、転じてビジネスの成功に繋がっていきます。

教育系システム事例 1年×1億円以上掛けバグだらけのシステムを「3ヶ月間×1/3のコスト」でリプレイスに成功

3ヶ月間×1/3のコストでリプレイス

1年×1億円以上掛けバグだらけのシステムを3ヶ月間×1/3のコストでリプレイスに成功した教育系システム開発の事例をご紹介させていただきます。

ご相談いただいた際には、リリースが1年以上も遅延、開発費も1億円を超えており途方に暮れる状況でした。今回のケースでは、システム開発会社が有名で実績があったこともあり、安心して任せたところリリースまでたどり着くことができなかったという状況でした。

ご相談後に、現状のWebシステムを調査させて頂き、当社であれば「3ヶ月間かつ1/3のコスト」でリリースまで持っていけると判断し、現状のシステムをリプレイス(再構築)するご提案させて頂きました。追加で3,000万円という費用は掛かりますが、サービスをリリースできない機会損失と顧客の信用喪失が掛かっていたため当社にご発注頂く決断をしていただきました。

Befor

開発期間:1年以上
開発費用:1億円以上

After

開発期間:3ヶ月間
開発費用:3,000万円

 

お客様のコメント

そこそこ規模の大きい会社だから大丈夫だろうと発注したら、開発が進むにつれて話が変わってきて、追加追加で費用ばかりが発生し一向にリリースが見えず、いつまでのこの闇の中を歩けばいいんだろう、と途方に暮れていました。

他社に切り替えようにもシステムが大きいこともありどこも引き取り手がいなく困っていたところ、SystemDoctorを見つけ、オンラインミーティングで現状の状態を調査頂き、「リプレイスした方が早くて安く済みます。大丈夫です」と確信を持って言っていただき、その言葉通り3ヶ月間でリリースにこぎつけてくださいました。その後の開発パートナーとして数年以上のお付き合いをさせていただいております、あの時は本当にありがとうございました。
お客様にも顔向けが出来、本当に助かりました。

システム開発のポイント

中堅人材企業(東京都)
担当役員様

システム開発は担当するエンジニアのレベルと体制を確認することが重要

このようなシステム開発事例は決して珍しくありません。開発費は高額だが実績があるからと言って安心して任せた結果、実態は契約した開発会社がオフショアの会社に丸投げして要件の伝達も品質管理も全くできていないといったケースをご相談頂くことが多いです。

システム開発を選定する際に重要なのは実際に担当する開発者と直接会話し、どんなレベルの開発エンジニアが担当するのか、またその体制図を事前に確認することが必要です。

実績があるからといって、経験豊富なエンジニアが担当するとは限らないのです。最悪、他社に丸投げして品質やスケジュールを把握できていないといったこともよくあることなのです。