月50万円のムダな費用を削減し月商300万円以稼ぐお宝システムへ改修

毎月300万円以上を売り上げるお宝サービスに変貌させたE-learningプロダクトのシステム開発の事例をご紹介させていただきます。

技術調査費という名目でアウトプットがないまま月50万円を6ヶ月以上支払っていたE-learningプロダクトのシステム開発を引き取り、即月から機能開発を開始し2週間後には新規機能リリースを開始。以降、毎週新規機能をリリースできる体制を整え、毎月300万円以上を売り上げるお宝サービスに変貌させることができました。

Befor

調査期間6カ月以上
調査費用300万円

After

開発期間3ヶ月間
開発費用1,000万円

 

お客様のコメント

E-learningサービス企業(東京都)
担当部長様

元々、お願いしていた会社さんの対応に不安があり、自社内開発へと切り替えようと、まずは外部からエンジニアを採用しました。ところが1ヶ月経っても2ヶ月経っても調査している、の言葉以上の報告が無いままでした。その間に毎月50万近い金額をお支払いしていました。

期待した成果が見えず困っていたところこちらのサービスを見つけ、藁にもすがる思いで相談したところ、オンラインミーティングをしながらシステムの構造を把握され、何がどうなっているのかIT畑ではない私にわかりやすく噛み砕いて説明してくださいました。

その後、外部から採用したエンジニアから依頼先を切り替え、ビジネスを共に伸ばすパートナーとしてお力添えを頂いております。

システム開発のポイント

システム開発はリリースがGOALではなく「リリースがSTART」です!

システム開発は企画から開発、リリースまでに多額の費用と期間が掛かる場合、どうしてもGOALだけを見て進めてしまい、リリース後の運営まで考慮しない事例が多く失敗するWebサービスが散見されます。

しかしリリースはSTARTラインに立っただけにすぎません。Webサービスを成功させるにはリリース後に売上を伸ばすための機能やユーザの要望や使い勝手が良くなる機能を短期間でどんどんリリースすることがWebビジネスでは最重要課題です。成功するWebサービスは、1次、2次、3次リリースとフェーズを切って開発・リリースし、ユーザの様子や意見を聞きながら高速でサービスを改善しているのです。