Webシステム各種サービス

Web Developer Service

Webシステム各種サービス

調査・分析

不具合の状態やシステム稼働の状態をチェックし改修または再開発の方針と御見積をご提示します

システム改修

調査結果により改修で問題解決ができるようであればシステム改修で対応させていただきます

再開発

調査結果により再開発(リプレイス)した方が早いケースなら再設計により開発で対応させていただきます

保守対応

当社が開発させていただいたWebシステムを継続的に安定運用するための保守サービスをご用意しています

教育系システムの事例

1年×1億円以上掛けバグだらけのシステムを
3ヶ月×3,000万円でリプレイスに成功

Befor 開発期間1年以上
     開発費用1億円以上

After 開発期間3ヶ月間
     開発費用3,000円


1億以上かけてたにも関わらず納期が1年以上遅延してリリースできなかったWebシステムを引き取り3ヶ月でリリース!しかもかかった費用は3,000万以下。

このようなシステム開発事例は決して珍しくありません。開発費は高額だが実績があるからと言って安心して任せた結果、実態は契約した開発会社がオフショアの会社に丸投げして要件の伝達も品質管理も全くできていないといったケースをご相談頂くことが多いです。

システム開発のポイント

システム開発会社が有名で実績があっても実際に担当する開発者と直接会話し、どんなレベルの開発エンジニアが担当するのか、またその体制図を事前に確認することが必要です。

システム開発のよくあるトラブル例

SystemTrouble Case

バグだらけで使い物にならない納品されたシステム

システム開発会社に依頼し納品されたもののシステムがバグだらけで全く使い物にならない

延期・延期でリリースの目途が立たない

開発会社の言われるまま追加費用が発生し、当初予定から大幅に遅れリリース時期が見えない

引き受けてもらえるシステム会社が見つからない

他の開発会社が引き受けるのを嫌がり高い見積もりしか出てこないため切り替えられない

依頼した機能が開発中に実現できないと言われる

「できます!」で始まったが開発が進むにつれ「できない」に変わりリリース出来るか不安

ITコンサルが口先だけで充てにならない

ITコンサルの方に色々お願いしているけど、口ばっかりで成果(出口)が見えない

開発会社の担当者に要件が全然伝わらない

何度も説明するが、理解する気がないのか全く違うものが出てくる

技術サイドの提案だけでビジネスサイドからの提案がない

運用上優れたWebツールはどれか聞いても、実装しやすさなど自分都合の回答しかない

連絡しても1次対応、2次対応も遅すぎる

追加機能の相談で連絡を取るが、何日たっても連絡もなければ、あっても対応方法の提案もない。

お取引の流れ

SystemTrouble Case

Webシステムトラブルの
ご相談・調査依頼

ご相談は24時間メールで受け受けています。